【サッカー人気5位】ヘディング練習を手伝う橋岡大樹と、さす…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

出場停止だった喜田拓也はセンターボランチとして先発確実。可変型システムの成否の鍵を握る、コンダクターとしてのパフォーマンスに期待 [J23節 C大阪戦プレビュー]

拮抗した展開のガンバ大阪戦を1-1で引き分けたチームは、そのまま大阪に滞在して調整を行っている。メンバー外だった選手も合流し、負傷離脱している仲川輝人や實藤友紀、高野遼も同行。移動による負担を少なくしつつチーム全員で士気を高め、明日のセレッソ大阪戦に臨む。

水曜日の試合から中2日での連戦のためフィールドプレーヤーを半数前後入れ替えることになるだろう。特にガンバ戦は珍しく交代枠を1枚しか使わなかった。交代する必要がなかったと同時に、交代せずセレッソ戦に備えたという見方もできる。こんなところもポステコグルー監督のマネジメントは興味深い。

唯一、出場停止だった喜田拓也はセンターボランチとして先発確実。

 

 

 

ヨコエク

(残り 765文字/全文: 1082文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック