【サッカー人気2位】悪質なスライディングタックルでディエゴ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

天野純の成長と進化。現在のパフォーマンスはまるで別人のように違う。過去の映像を見返してみると、同一人物とは思えない変わりようだ [J33節 名古屋戦レビュー]

名古屋グランパス戦に臨むにあたって前節のセレッソ大阪戦から先発を8人入れ替えた。負傷しているマルコス・ジュニオールだけでなく扇原貴宏やティーラトン、ジュニオール・サントスといった中心選手たちがベンチにも入らなかった。ポステコグルー監督はフレッシュな顔ぶれを、中盤が逆三角形の4-3-3の布陣で並べて送り出した。

 

 

先制点は4試合ぶりに先発したエジガル・ジュニオによってもたらされた。

 

 

まず得点前のポストプレーが素晴らしかった。後方からの浮き球を、相手DFを背負った状態で胸トラップした見事なコントロール。エジガルならではポストワークで攻撃を前進させ、松田詠太郎からのグラウンダークロスをしっかり決めてみせた。

決勝点は成長著しい渡辺皓太だ。正確には持っている力をようやく発揮できるようになってきた、が正しい。

 

 

昨夏に加入してからは出場機会に恵まれず、難しい時期を過ごしていた。攻撃と守備をバランスよく行うボランチという役割に頭を悩ませ、次第に相手の間でボールを受ける動きが消極的になっていたようにも見えた。

それが最近の渡辺は、傍から見ても自信を持ってプレーしていることがわかる。

 

 

ヨコエク

(残り 788文字/全文: 1320文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック