【サッカー人気2位】阿部勇樹がレッズでプレーし続ける意味、…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

22連戦の長い道のりの道中には快勝も完勝も、反対に完敗もあった。負傷などのアクシデントにも見舞われた。たくさんの別れと出会いを繰り返しながら、チームはそれでも前を向いて進んできた [J32節 広島戦レビュー]

長かった22連戦がようやく終わった。

勝敗の内訳は1138敗。ルヴァンカップは11分だったので、リーグ戦に限ると1037敗という戦績だった。

過酷なロードの始まりは815日の大分トリニータ戦。その試合は今夏に加入した前田大然やジュニオール・サントスのマリノスデビュー戦だった。もはや遠い昔のような出来事で、試合結果をすぐに思い出せる人は少ないのではないだろうか。

あるいは大分戦のスタメン11人と配置をスムーズに言える人がいれば、かなりのマリノス通だ。GKはパク・イルギュ(現在はサガン鳥栖へ期限付き移籍中)か梶川裕嗣か、センターFWは誰だった? ポステコグルー監督は毎試合メンバーを入れ替え、さらに立ち位置にも手を加えていった。

このシステム変更は、指揮官がチームに与えた宿題とも受け取れる。4-3-3から3-4-2-1へ、そして4-3-2-1を経由し、再び4-3-3に戻ってきた。選手の特性に合わせたシステム変更なのは間違いないが、チームが次のステップに進むための施策だったことも事実だろう。

 

 

 

ヨコエク

(残り 690文字/全文: 1157文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック