【サッカー人気4位】【J2魔境】ライバルサポも要チェック!…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(ケガをした柏戦の) 最後のワンプレーでもったいないことをしたけど、ゴールキックにさせないことでチームに勝ちたいという気持ちを表現した。後悔はしていない」(仲川) 他 [湘南戦前コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

――練習途中に何かを強調しているように見えた。何を話していた?

「特別なアプローチではない。なかなか練習らしい練習ができなかった中でこうして練習できたので、ちょっとした問題点を改善して自分たちの約束事を確認した」

 

――仲川選手が練習に戻っていたが、ピッチに送り出すにはもう少し時間が必要なのか?

「ケガ上がりでようやくフルで練習できた。湘南戦は難しいかもしれないが、1週間くらい経てば大丈夫だと思う。そのほかにも高野やティーラトンの状態をしっかり見ながら考えていきたい」

 

 

――今日の練習ではマルコス選手が普段より高い位置にいるように見えた。彼に期待していることは?

「湘南戦に向けてということではなく、湘南戦が終わったらまた練習できない状況になる。いろいろなことを試したかったし、彼にとって初めてやるポジションではない」

 

 

――外国人枠に限りのあるACL仕様を試したかったということか?

「ACLのことはまったく考えていない。まずは湘南戦のこと、そしてACLのことを考えるのは川崎戦のあとだ」

 

 

DF 松原 健

――前節の鹿島戦は後半に崩れて3失点した。どのように振り返る?

「後半に入って自分たちがボールを保持する時間が少なくなり、自分のミスもあったし、もったいない失点が多くあった。そこはチームとして反省しないといけない」

 

 

――エヴェラウド選手に失点した場面はミスもあったが、どのような心理状態だった?

「試合の流れの中でなかなかボールをつなげていないと感じていた。あのシーンは相手にロングボールを蹴られるところで、まずは裏を警戒していた。そこで低い無回転気味のボールが来たので、落ち着いて前につなごうと考えた時にトラップミスしてしまった。自分のミスで失点したことは本当に申し訳ないし、技術を向上させないといけない」

 

――相手がロングボールを使たことで全体が間延びしてしまった?

「前から守備に行ったのであれば、後ろも連動してラインを上げていく。反対に僕たちが押し込まれている場面では前線の選手が戻ってくることも必要だし、そこは意思統一していきたい。全体の距離感が一番大切になる」

 

 

――高丘選手が加入したばかりだが、GKとの関係性については?

 

 

ヨコエク

(残り 2327文字/全文: 3334文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック