【サッカー人気3位】大津祐樹のジュビロ磐田への移籍は、ひと…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

(フッキ対策は?) 「彼は強烈だけど、彼だけが敵ではない。チームとして組織的に守れればいい。僕だけでなくみんながバチバチやる覚悟で来ている」(畠中) [上海上港戦前コメント]

 

 

[コメント]

DF 44 畠中 槙之輔

――ようやくACLが再開する。集中開催となったが、タイトル獲得への思いは?

「時間が開いたのでやっと再開するワクワクがある。Jリーグはタイトルを獲れなかったので、ACLはタイトルを獲りたい。日本から3チームが参加して、どのチームも優勝を目指していると思う。集中開催ということで移動の負担はないけど、逆に中2日での連戦が続く。そこでのコンディション調整はJリーグで経験しているので、日本のチームはうまく戦えると思う。マリノスのサッカーをやってタイトルを獲りたい」

 

 

©Y.F.M

 

 

――明日の試合で勝つために一番大事なポイントは?

「上海上港とは今まで対戦したことがないのでわくわくしている。初戦ということで短期決戦をやる上で入りが大事になる。Jリーグでは苦しんだけど、今回は心機一転して自分たちのサッカーで勢いに乗っていきたい」

 

――失点しないことが大事? 得点することが大事?

「DFとしては失点しないことを心がけているけど、それ以上にしっかり点を取る。点を取られてもそれ以上に点を取るスタイルなので、点を取っていきたい」

 

 

――川崎フロンターレ戦でゴールしたことで気分良くACLに臨める? それと上海上港はすでに試合をやっているが、気を付けたいことは?

「チームは勝てなくて残念だったけど、個人的にはいいイメージで臨める。ピッチに早く慣れないといけないけど、それで自分たちのサッカーのリズムが遅くなると勢いが出てこなくなる。意識し過ぎないでいいのかなと思っている」

 

――Jリーグは22連戦を戦ったが、ACLは中2日で連戦になる。経験が生きる? それとホテル内での感染対策は?

「Jリーグではコンディション調整が難しかったけど、そこで生きたことや考えていたことを実践していきたい。ホテル内では基本的に部屋で過ごしていて、食事やミーティング、練習の時だけ外に出ている」

 

 

――今シーズンはキャプテンマークを巻く機会もあった。チームを引っ張るような意識や自覚は芽生えてきた?

 

 

ヨコエク

(残り 659文字/全文: 1646文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック