【サッカー人気5位】「ユナイテッドでドーン」はなぜ起こるの…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

高野遼の突破からの鋭いクロスを合わせたのは仲川輝人。GKのファインセーブに阻まれたが、そこに現れたのは、背番号39だった [ACLグループリーグ3節 上海上港戦レビュー]

 

この試合のハイライトは二つあった。

まずは守備面から。81分、自陣ペナルティエリア内で松原健がファウルを犯してしまい、上海上港にPKを与えてしまう。スコアレスで迎えたゲーム終盤に絶体絶命のピンチを迎えた。

しかし、マリノスのゴールマウスにはオビ・パウエル・オビンナがいた。元ブラジル代表オスカルの強烈なシュートを右手一本でセーブ。セービングのコース、タイミングともに完璧なワンプレーで失点の危機から救った。

 

©Y.F.M

 

昨季は特別指定選手としてリーグ優勝を経験し、今季は出場機会に恵まれない状況で夏にJ2・栃木SCへ期限付き移籍した。貴重な実戦経験を経て、実力と自信を蓄えて帰ってきた。同時にアンジェ・ポステコグルー監督は試合起用に前向きな意向を示していたという。

 

©Y.F.M

ヨコエク

(残り 884文字/全文: 1383文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック