【サッカー人気5位】「ユナイテッドでドーン」はなぜ起こるの…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

全北現代について畠中慎之輔は「簡単な試合ではない。でも自分たちのサッカーをすれば勝てる。明日はそれを披露するだけだ」と気合いのコメント [ACLグループリーグ5節 全北現代戦プレビュー]

 

上海上港との2連戦を1勝1敗で終えたマリノス。息つく間もなく、今度は2月のアウェイゲームを2-1で勝利した全北現代とのグループ第5節を戦う。

悔しい敗戦から気持ちを切り替えなければいけないが、その試合でメンバー外だったエリキの言葉がチームを明るく照らした。

「自分はスタンドから試合を見ていたが、仲間のパフォーマンスを誇りに思う。内容としてはすごく良かったと思う。いいサッカーをしたチームが必ず勝つわけではない。残念ながら負けたけどポジティブな要素はあったし、負けた時に絆が強くなる。より強いマリノスとマリノスのサッカーを見せたいし、ぶつけたい。日々やってきたことを表現すれば明日勝てると思う」

 

©Y.F.M

 

頼もしきブラジリアンは充電完了。全力疾走でマリノスを引っ張る。

グループリーグ突破の条件は、前節に引き続き引き分けで勝ち点1以上を上積みすること。とはいえマリノスが引き分け狙いのサッカーをするはずもなく、普段通りアグレッシブなサッカーで勝利のみを狙うだろう。

 

ヨコエク

(残り 774文字/全文: 1297文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック