【サッカー人気3位】【砂岩の魂】ガンバ戦で飯野七聖が経験し…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

2021年もアタッキングフットボールの陣頭指揮を執るのは、選手たちから絶大な信頼を得て、来季で就任4年目となるポステコグルー

 

アタッキングフットボールが4年目の新章へ突入する。

アンジェ・ポステコグルー監督(55)が来季もマリノスで指揮を執ることが、この日までに複数の関係者の話で明らかになった。一両日中にもクラブから正式発表される見通しだ。

 

 

守備重視の戦術から劇的なスタイルチェンジを図った就任1年目(2018年)こそ残留争いに巻き込まれるなど苦しんだ。だが選手たちの戦術理解が進むと同時に編成面でも理想に近づいた2年目の昨季は、見事な手腕でチームをまとめ上げてトリコロールを15年ぶりのリーグ優勝に導いた。

 

 

3年目の今季は新型コロナウイルス感染拡大による影響でかつてない連戦を強いられるなど不利な条件も重なり、最大目標のリーグ連覇には及ばず。それでも現在カタールで行われているAFCチャンピオンズリーグではクラブ史上初となる決勝トーナメント進出を決めた。

 

ヨコエク

(残り 351文字/全文: 750文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: アンジェ・ポステコグルー

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ