【サッカー人気4位】“霜田体制”が本格スタート。初陣の相手…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

今年は単身赴任での孤独な戦いだったティーラトン。シーズン終盤には複数の海外クラブからのオファーもあったなか、ティーラトンが選んだのは・・・ [ ティーラトンの契約更新について]

 

『ブンちゃん』の愛称で親しまれているティーラトンが、来季もトリコロール戦士としてプレーする。

マリノスは29日、DFティーラトン(30)が2021シーズンの契約を更新したことを発表した。タイ代表の主力としても活躍する左サイドバックは2019年1月に期限付き移籍で加入して優勝に大きく貢献し、2020年からは完全移籍にスイッチ。今回の発表によって、マリノスでのプレーは3シーズン目を迎える。

 

 

今季もレギュラーとして安定したプレーを見せた。ディフェンスシーンでは溢れ出る闘争心でボールを奪い、攻撃に移ってからは正確な球出しと鋭いクロスで得点をお膳立て。ポステコグルー監督からはチームに必要不可欠な左サイドバックとして絶大な信頼を得ている。

得点力も大きな武器だ。ACLの全北現代戦で決めた強烈なミドルシュートは記憶に新しい。昨季も優勝を決めたFC東京戦で貴重な先制点を叩き出しており、ここぞという場面での勝負強さは折り紙付きだ。

 

©Y.F.M

 

一方で、今季は新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって、単身赴任での孤独な戦いを続けた。

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 228文字/全文: 794文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: ティーラトン

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ