【サッカー人気3位】【J2魔境】[京都vs松本]を松本の元…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「岩田は2年間オファーをかけ続け獲得できた。エウベルは前で3つくらいのポジションでプレーできれば。レオは9番のポジションで考えている」[2021シーズン新体制発表会 ポステコグルー監督コメント]

 

ミスターXの正体は、ブラジル人ストライカーのレオ・セアラだった。

新体制発表会の中盤、今季所属選手一覧が画面に映し出されている時だった。小倉勉スポーティングダイレクターが満を持して切り出した。

「もうひとり、サプライズでブラジルからレオ選手を獲得しました。レオ・セアラ選手です」

 レオはブラジル2部リーグで得点ランキング2位につける本格派ストライカーだ。得点パターンが豊富で、シュートレンジも広い。新たな得点源として期待がかかる。

背番号の変更も大きな話題になりそうだ。既存選手はマルコス・ジュニオールが10番、畠中槙之輔が4番、高丘陽平が1番、天野純が14番に変更となった。新加入選手はエウベルが7番、岩田智輝が24番、そしてレオがストライカーナンバーの9番を背負う。

華々しくスタートした2021シーズンは、明後日25日に練習が始動する。

 

©Y.F.M

 

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

――今日、レオ・セアラ選手の獲得も発表されたが、今オフの補強をどのように受け止めている?

「いい選手が来てくれたと思っている。岩田選手は自分たちが2年間オファーをかけ続けて獲得できた選手で、自分たちの助けになってくれると思うし、力になってくれると信じている。エリキ、エジガル、ジュニオール・サントスがいなくなったが、素晴らしい2人のブラジル人選手が来てくれた。彼らも自分たちのサッカーに早く順応し、チームに溶け込んで自分たちのサッカーを見せてくれると思う」

©Y.F.M

 

――エウベル選手はトップ下やウイングでプレーできる。どのポジションで起用するイメージを持っている?

「エウベルはエリキのようなタイプの選手として前で3つくらいのポジションでプレーできればいいし、それを踏まえて獲得した。レオに関しても、エジガルやジュニオールがいなくなった関係で9番のポジションで考えている」

 

©Y.F.M

 

――監督にとってクラブチームで4年目を迎えるのはおそらく初めてだと思う。過去最長となるシーズンに向かう今の心境は?

 

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 1137文字/全文: 2234文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック