【サッカー人気1位】秩序と混沌のどちらを求めるか ピッチに…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「新加入選手は違和感なくやれていたし、(岩田)智輝もエウベルも特徴を出せていた。今年最初の試合で90分プレーできたことも含めて、ポジティブな面はあった」(扇原) 他 [練習試合 沖縄SV戦後コメント]

 

 

[コメント]

MF 6 扇原 貴宏

――最初の対外試合を終えた感想は? それから今日は多くの選手が90分プレーした。珍しいことだと思う

「フルのピッチでやるのも今年初めてだったので、正直言うとフィジカル的にきつかった(笑)。でもコンディションを上げるためだと思って、みんなが精いっぱい頑張った。ただ内容に関しては、まだまだ満足いくものではない。新しいシステムでやっていて、新しい選手が入って、変わった部分もある。マリノスのサッカーはベースとしてあるので、これからみんなで理解を深めていきたい」

 

 

――目指す方向性は同じでも、昨季とは違った布陣と戦い方だったと思う。実戦をやった手ごたえ、あるいは課題は?

「自分たちは積極的なサッカーをするので、少し立ち位置が変わるだけでズレが生まれるのは事実としてある。そこは試合を重ねていくしかないし、今のシステムにもっともっと慣れていくことが大事。去年までやっていた4-2-3-1とは立ち位置が違うので、そこは個人個人がシステムに慣れていかないといけない」

 

――ポジティブな面もあったのでは?

「新加入選手は違和感なくやれていたし、(岩田)智輝もエウベルも特徴を出せていた。ふたりともすごく真面目で、チームのサッカーを吸収しようとやってくれていた。得点に関しても3点取れたし、いい形も何回か作れた。今年最初の試合で90分プレーできたことも含めて、ポジティブな面はあった」

 

 

 

――扇原選手のポジションの役割がとても重要になると思う。守備でどこまで出ていくのか、あるいは受け渡すのか、そのあたりを整理する作業やポイントは?

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 1328文字/全文: 2046文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ