【サッカー人気2位】リカルド監督が7連戦を戦い抜くために必…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

ルーキーの樺山諒乃介が初ゴール。ゴール前でのシュートセンスと決定力はすぐにでもプロの公式戦の舞台で通用するレベル [二次キャンプ3日目(練習試合:甲府戦)]

 

[リザルト]

日時:213日(土)11時~
場所:非公開
対戦相手:ヴァンフォーレ甲府(J2)
形式:30分×4本
スコア:20(1-0、0-0、0-0、1-0)
得点者:1本目5分仲川輝人、4本目28分樺山諒乃介

 

 

 

マリノスは二次キャンプ3日目にJ2・ヴァンフォーレ甲府と練習試合を行った。

試合は30分×4本の形式で行われ、マリノスはグループを大きくふたつに分けた。ひとつのグループが1~2本目、もうひとつのグループが3~4本目に出場。途中交代は必要最小限にとどめ、フィールドプレーヤーは大半の選手が60分間プレーした。

 

1~2本目に出場した組のパフォーマンスから振り返ると、まず先制ゴールを挙げた仲川輝人に触れないわけにはいかない。得点は甲府のポゼッションミスを相手陣内で奪い、オナイウ阿道からのラストパスを受けて左足で冷静に決めた。

 

 

石垣島での一次キャンプでは沖縄SV戦に90分フル出場したが無得点。PK獲得につながる抜け出しなど随所にキレのある動きを見せただけに、得点は時間の問題だった。

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 1224文字/全文: 1702文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ