【サッカー人気2位】【J1騒乱】[鹿島vs清水]元川悦子と…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「先輩のことや上下関係を気にすることは大切だけど、ピッチに立てばそれは関係ない」 可能性を秘めた18歳、樺山諒乃介はきっぱりと言い切った [キャンプレポート4日目]

 

負けん気の強さ、意志の強さがプレーからひしひしと伝わってくる。そんな高卒ルーキーに出会ったのは久しぶりな気がする。

樺山諒乃介はきっぱりと言い切った。

「先輩のことや上下関係を気にすることは大切だけど、ピッチに立てばそれは関係ない。実績を残している選手がいて、自分は新人だけど、そんなの関係なく結果を残したもん勝ちだと思う」

 

 

実績やキャリアが足りないなら結果でねじ伏せるのみ。あくまでもパフォーマンスで周囲を納得させる。

昨日のヴァンフォーレ甲府戦では1得点を挙げた。ゲーム終盤に入り、相手守備陣は疲労の影響もあって足が止まってきていた。樺山はチャンスを見逃さなかった。

右足から放たれたシュートが正確にゴールネットを射抜く。直後に大きなガッツポーズを作り、存在感を示した。

「ドリブルで入っていってパスも選択できたけど、自分の得意のエリアだし、周りの要求も聞こえていたけど『ここで決めないとアカン』と思ってシュートを打った」

 

 

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 837文字/全文: 1280文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 樺山諒乃介

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック