【サッカー人気2位】【J1騒乱】[鹿島vs清水]元川悦子と…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

エウベルなどのケガ人の状況にも「自分たちが柔軟性を持って戦えるか。この時期を使って試しながらやっている」とポステコグルー監督は語った

 

「特に大きく変えている部分はない。自分たちが貫いているサッカーがベースにありつつ、プレシーズンをやっていく中で少しの変更や試していることがある」

 

 

ここまでの手ごたえを問われたアンジェ・ポステコグルー監督は、始動日から幾度となく繰り返してきた言葉を使って説明した。

新たに導入した3-4-3はあくまでもスタートポジションに過ぎない。それよりも「重要なのはゲームをコントロールすること」と口酸っぱく言い続けてきた。マリノスが攻撃的に、アグレッシブにプレーするのは一切変わらない。

 

 

その中で、石垣島での一次キャンプ序盤で喜田拓也が負傷。さらに二次キャンプ中の練習試合でエウベルが、さらに練習でマルコス・ジュニオールが負傷した。

 

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 1507文字/全文: 1856文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック