見えてきた?今年のJ2勢力地図(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

(今シーズンの数字の目標は?) 「チームが上位に行くためにセンターFWが二桁は取らないといけない。最後に自分が点を取ったりして、チームの勝利に貢献したい」」

[コメント]

MF 6 扇原 貴宏

 

 

――最終ラインに3枚いることで背後を突かれる場面が少なくなると思う。そのあたりの感触とボランチとして気を付けていることは?

「たしかに4バックの時よりもディフェンスラインに5枚いることでスライドがスムーズになって、危ないスペースを使われにくくなったと思う。ただボランチや中盤の人数が減ったことで、そこは気を付けないと危ないスペースができてしまう。前と後ろがしっかり連係して、首を振りながら行くところと行かないところを判断しないといけない」

 

――扇原選手の脇のスペースを狙われるかもしれないが、その点については?

「使われる場面も出てくると思うけど、そこは自分の前でプレーさせたい。自分の後ろでプレーさせないようにやっていきたい。昨シーズンとは違うところなので焦れずにやっていきたい」

 

 

――フロンターレ戦のイメージは?

「相手もベースは変わっていないと思うし、ボールを握ろうとしてくる。自分たちがやってきたことを試せるいい相手。昨シーズンは2連敗しているので、気持ちのこもった試合をしたい。王者相手に堂々とチャレンジして、新しいマリノスを見せられるチャンスだと思う。マリノスのサッカーをしながら結果にこだわってやりたい」

 

――スタートダッシュの重要性や認識は?

「開幕戦で勝つと負けるとでは全然違う。1勝すると安心感があるし、今年新しいことにチャレンジしているからこそ勝って自信をつけることが必要。チャンスだと思って、この開幕戦に懸けたい」

 

 

――新しいことをやっているなかで、川崎フロンターレにファーストパンチを食らわせるチャンスもあるのでは?

 

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 1833文字/全文: 2569文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック