【サッカー人気1位】「金」では買えない強さがある。クソすぎ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

明日のルヴァンカップ仙台戦では、少なからずメンバーを変更するだろう。岩田智輝のワンボランチ、FWは2トップの可能性も [ルヴァンカップ 1節 仙台戦プレビュー]

 

3バックというオプションが今後披露される可能性

 

開幕戦のマリノスはたしかに4バックだった。

攻撃時のみ左サイドバックのティーラトンがインサイド寄りのポジションを取り、結果的に3バックに見えなくもない可変型システムに。これは昨季以前からビルドアップ時に採用している立ち位置で、つまり今季から取り組んでいた新しいチャレンジとはまったく違う。

 

 

興味深かったのは、反対サイドでプレーした岩田智輝はインサイドに入らず、純然たる右サイドバックとして振る舞っていたこと。ティーラトンとの性質の違いもあるが、それよりも二次キャンプ途中まで岩田が一度もこのポジションでプレーしていないことに起因している。

 

 

プレシーズンは中央に畠中槙之輔、左にチアゴ・マルチンス、そして右に岩田を置く3バックが鉄板だった。おそらく開幕直前に指揮官の考えが変わり、フロンターレ戦のスタメンと配置になった。川崎フロンターレを意識した布陣とは考えにくい。大事なシーズン初戦から相手に合わせる策を取る監督とは思えない。

あくまでも自分たちのサッカーをやり切るためのメンバーと配置で、3バックはあくまでもオプションとして持っているカードに過ぎない。反対に言えば、連戦やサスペンション、あるいは負傷などで3バックに適した駒が手元にあれば、指揮官は迷わず3バックをチョイスするだろう。

キャンプでやってきたことを披露する場は、これからたくさんある。

 

 

 

前々日練習のフォーメーションそのままだとすれば…

 

明日のルヴァンカップグループステージ第1節・ベガルタ仙台戦では少なからずメンバーを変更するだろう。とはいえ開幕戦で敗れてことを踏まえると、総替えすることにもリスクがともなう。

試合2日前の練習では、なかなかトリッキーな布陣でフォーメーション練習を行っていた。

 

 

ヨコエク

(残り 1131文字/全文: 1943文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ