現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「2トップは僕が一番やりやすい形で、それができて良かった。(しかし) まずは与えられたポジションでプレーするのが大事。どこで出場してもゴールを取らないと」 (前田大然) 他 [仙台戦前コメント]

[コメント]

FW 38 前田 大然

――開幕戦は後半からの出場だった。どんな思いでプレーした?

「スタートから出場できなくて悔しかったけど、ああいう形の後半からの出場になってやるべきことはやれたかなと思う。前から追いかけることで相手は嫌がっていたし、点を取りに行かないといけなかったので自分たちのサッカーができたと思う」

 

 

――2トップは練習していた? 手ごたえは?

「2トップはまったくやっていなかった。2トップは僕が一番やりやすい形で、それができて良かった。でも攻撃陣が無得点で終わってしまったので反省しないといけない」

 

――ポジションは中央のほうが力を出しやすい?

「まずは与えられたポジションでプレーするのが大事。どこで出場してもゴールを取らないとああいう試合になってしまう。前で出る以上はゴールとアシストという目に見える結果で貢献したい」

 

 

――ルヴァンカップに向けては?

「出場したらゴールを取らないといけないし、チームを勝たせるプレーを見せないといけない。どういう形でも勝つことが大事。自分たちのサッカーをすればどのチームにも勝てると思う。それができなかっただけで、しっかり自分たちのサッカーをしたい」

 

――センターFWで出番が来た時、スペースがない場面でどんなプレーをしたい?

「自分たちがボールを持つ時間が増えると思うので、ゴール前での駆け引きやクロスに突っ込んでいくプレーが大事になると思う」

 

 

――守備のスイッチ役としての意気込みは?

 

 

ヨコエク

(残り 1398文字/全文: 2068文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ