【サッカー人気4位】それぞれの持ち味が発揮された、極上のエ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

(ボランチの経験は?)「スタートからは初めて。すごく楽しかった」(岩田)・「今は和田、喜田をケガで欠いている。(岩田は) 契約した時にいくつかのポジションで起用できると考えていた」(ポステコグルー) 他 [仙台戦後コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「悪くはなかったと思う。特に前半はみんなでチャンスを作れた部分もあったし、2点をプラスで取れたと思うが、しっかりコントロールできた。後半はなかなかコントロールできずチャンスも少なくなってしまった。ただ全体的には悪くはないゲームだったと思う」

 

 

――中盤のアンカーのポジションに岩田選手を起用した。どのような意図で起用し、彼の評価は?

「今は和田、喜田をケガで欠いている。その中で岩田を使ってもいいかなと思って使った。彼と契約した時にいくつかのポジションで起用できると考えていたし、サイドバックでもできるし、ボランチでもしっかりボールコントロールできる選手だと思っている」

 

 

――前田選手が守備面でペースを作る働きをしたと思う。彼の評価は?

「すごくハードワークする選手で、プレスという部分で前からしっかりプレーできる選手のひとり。もっとゴール前で見たかったと思うかもしれないが、彼がどれだけプレスでボールを奪い、チャンスを作ったか。その努力の結晶を、最後は彼がどう生かすかだと思う。周りの状況を見ながらゴールも取れると思う。でもそれ以上にハードワークと前からのプレスは素晴らしいものがあるし、それを今日見ることができたと思う」

 

 

――今後も川崎戦の後半や今日のように前線からプレスを強調していくのか、それともセットした状態での守備など柔軟性を持つのか。これからの方向性は?

「前からのプレスは引き続きやっていきたいところでもある。守備の時に相手陣地で奪えればゴールが近く、チャンスは増える。ただ今シーズンはスムーズにスタートできなかった。マルコスもエウベルもケガからスタートしてしまい、レオ(セアラ)はブラジルにいる状況だ。でも樺山にはいい経験を積ませているし、(オナイウ)阿道や前田、水沼もいい形でフィットすれば自分たちのサッカーは脅威になると思う」

 

 

FW 45 オナイウ 阿道

――決勝点を振り返って

「まずはチームとして勝てたことがよかった。ゴールは相手陣地でボールを奪い返してから、シンプルだけど(水沼)宏太くんのクロスが来ることを信じて走り込んだのがよかった」

 

 

――ゴールシーンはどのような狙いでプレーした?

 

 

ヨコエク

(残り 1735文字/全文: 2694文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ