現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

続く連戦にポステコグルーは「複数のやり方で柔軟性を持ってやっていきたい。2~3個の戦い方ができるようになっている」と自信のコメント。ホーム開幕戦はどの戦い方を選択するか [J2節 広島戦プレビュー]

 

 

前線から積極的なプレスを仕掛けよ。キーマンは前田大然

 

1-0で勝利したルヴァンカップ・ベガルタ仙台戦を振り返り、アンジェ・ポステコグルー監督は概ね手ごたえを得ている様子だった。その試合は前線からのプレスで主導権を握るという原点回帰に近いイメージの内容で、アグレッシブに戦うマリノスらしさもしっかり見て取れた。

開幕直後から中2~3日の連戦が続いている。そういった状況も踏まえて指揮官は「複数のやり方で柔軟性を持ってやっていきたい。その時のチーム状況やケガ人、コンディションを踏まえて2~3個の戦い方ができるようになっている」と自信をのぞかせる。明日のサンフレッチェ広島戦はどの戦い方を選択するか。

 

 

「試合でのパフォーマンスは前向きなことを多く見られた。特に前半はシンプルにやってチャンスを作れていた」という言葉を素直に受け取るなら、あまり大きく変えることはしないのではないか。川崎フロンターレ戦では選手たちが柔軟性を発揮できず、結果的に監督のマネジメントミスに近い形で完敗した。

仙台に勝利したとはいえ、相手のレベルは決して高くなかった。完全に立ち直るために、軌道修正しなければいけない。そのタイミングで試合ごとにやり方を変えるのは得策ではない。明日の試合も仙台戦同様、高い位置から積極的に走るべきだ。

キーマンは前田大然。仙台戦のパフォーマンスを見るかぎり、プレスの急先鋒としては日本を代表するプレーヤーである。あとは得点能力との折り合いで、同じ試合で結果を残したオナイウ阿道との使い分けが難しい。

 

 

2トップで並び立つのが最もスムーズだが、3トップにしてオナイウをストライカーポジションで起用した場合、昨季同様に前田を左ウイングへ回す一手も視野に入れておくべき。負傷が癒えている助っ人エウベルは守備の選手ではない。ひとまずベンチスタートが妥当だろう。

 

 

背番号10の先発復帰が目前に。ボランチ岩田の継続起用は?

 

マルコス・ジュニオールがそろそろ先発復帰するのではないか。仙台戦では70分から2トップの一角で出場し、無事に試運転を終えた。しっかりと段階を踏んで復帰しているのだから、次は先発で問題ないだろう。

 

 

ポジションはトップ下がベスト。ただし仙台戦後にも述べたように、その試合での渡辺皓太の役割を任せるのは危険かもしれない。自陣に戻ってからの守備に不安が残り、両サイドアタッカーに守備の負担が押し寄せてくる。それはチーム全体の循環という点で健全ではない。

 

 

ヨコエク

(残り 1213文字/全文: 2311文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ