現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

(ルヴァンカップから2試合連続得点について)「結果という部分では2つ取れているのはいいけど、それ以外のところでもっとクオリティを上げないといけない。勝ち点3を取れるようにやっていきたい」[広島戦後コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「本当にいいゲームだった。素晴らしいサッカーができていたし、ほとんど自分たちが支配する内容の試合だった。自分たちが点を与えてしまうような状況で、そうなると難しくなる。でも選手たちは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと思う」

 

 

――後半5分くらいに渡辺を投入してから試合が動いたと思う。どのような考えで交代した?

「岩田が前半にちょっと足を痛めてハーフタイムにチェックしたけど、後半が始まって5分くらいしたときに続けられないということで交代した。前半からしっかり支配していたし、後半は相手が下がってより支配できた。渡辺が入っていいコントロール、いい仕事をしてくれたと思う」

 

 

――前田選手が1試合で2得点を挙げた。重要なゴール2つだったと思うが、彼のプレーに対する評価は?

「本当にいいレベルでサッカーができていると思う。彼が出場した試合は内容もいい。ただチャンスはあったがゴールに結びついていなかった。川崎戦も仙台戦もいいパフォーマンスを見せていて、それを続けたことで今日2得点を決めてくれた」

 

 

――エウベル選手がデビューした。彼の状態や今後期待することは?

「いい形で入ってくれた。マルコスもケガ明けでしっかりいいパフォーマンスを発揮してくれた。コンディションの部分が整えば前の仕事で驚異になってくれる。いい形で帰ってきてくれたし、これから徐々にコンディションが上がっていくと思う。彼らだけでなくコンディションが上がっていけば、より脅威なチームになれると思う」

 

 

 

FW 38 前田 大然

――マリノス加入後初めての1試合2得点だと思う。それぞれのゴールを振り返ってほしい

1点目は相手とイーブンなボールをうまくコントロールしてうまく決められた。2点目はゴール前の状況を考えず突っ込んでいったら、いいボールがきた」

 

――今年に入って流れを変える役割をしていたが、ゴールが遠かった。そこで2得点という結果を出して、自身で成長を実感しているところは?

「今年はトップとワイドを両方やると思うし、その準備をしてきた。こういう結果につながってよかったと思う」

 

 

――左ウイングとして意識したことは?

「マリノスのウイングは張ることが多いけど、僕はあまり得意ではないので中に入って、自分のやりやすいようにやろうと思った。それがこういう結果につながったと思う。今シーズン最初はトップをやっていて中央での駆け引きが多かった。今回は左サイドで、去年のようにやっていたら良さを出せないと思ったので中に入りながらプレーした」

 

――今日の試合でスプリント回数が43回あった。2位の選手の2倍近い数字で、走ることでチームに活力を与えていると思うが、意識していることは?

 

 

ヨコエク

(残り 1067文字/全文: 2240文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ