【サッカー人気4位】ハーフタイムで劇的に改善された試合、前…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

日本代表は25日にマリノスのホームである日産スタジアムで永遠のライバル・韓国代表と国際親善試合。松原健と畠中槙之輔にチャンスは訪れるのか [日本代表練習レポート]

     

    25日の日韓戦、そして30日のワールドカップアジア2次予選・モンゴル戦に臨む日本代表が昨日から横浜市内でトレーニングを開始した。

     

     

    我らが松原健と畠中槙之輔は普段のマリノスジャージから赤を基調とした代表ジャージに着替え、髪の毛をしっかり整えてフレッシュな表情でグラウンドへ。マリノス以外のチームは週末にゲームを行っていたため軽めの調整となったが、トリコロール戦士ふたりがこの場にいるのはとても感慨深いものがあった。

     

     

    練習開始直後の周回ランニングでは、松原は同じリオ五輪世代の浅野拓磨(パルチザン)と、畠中は追加招集となった稲垣祥(名古屋グランパス)と談笑しながら走った。その後、方向を変えてからは松原と畠中が横並びとなり、西川周作(浦和レッズ)と3人で先頭グループを担うシーンも。

     

    ヨコエク

    (残り 430文字/全文: 803文字)

    ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

    ウェブマガジンのご案内

    日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
    « 次の記事
    前の記事 »

    ページ先頭へ