【サッカー人気3位】公式戦さながらの厳しさで臨んできたHo…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「代表に行ったからというわけではなく、自分は年齢も在籍年数もチームで上のほうになっている。代表に関係なくチームを引っ張っていかないといけない」(松原) 他 [湘南戦前コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

――ルヴァンカップ広島戦で負傷したマルコス・ジュニオールの状態と明日の起用については?

「明日の試合は難しい。次の試合に向けて準備をしている」

 

 

――3月の公式戦は5勝1分で無敗だった。いまのチーム状態は?

「3月はポジティブな結果で終われてよかった。開幕戦の川崎戦はうまく戦えなかったが、その後は修正しながら成長しながら戦えた。4月も7試合あるので大変なスケジュールだけど、1試合1試合やるべきことをやっていくだけ」

 

――明日の湘南戦から中2日でセレッソ大阪戦がある。2試合をセットで考えるという考え方はあるのか?

「4月は7試合ある難しいスケジュールだけど、中2日でどうこうというのはない。まずは湘南戦に集中して、セレッソ戦はその後に考えればいいこと。湘南は毎回ハードワークするチームなので簡単な試合にはならないけど、ホームの日産スタジアムで戦える。そこでしっかりパフォーマンスを見せて、それが終わってからセレッソ戦のことを考えたい」

 

――松原選手、畠中選手、渡辺選手がそれぞれ代表活動に行っていた。彼らのパフォーマンスをどのように見ていた?

「とにかく3人がいいコンディションで戻ってきてくれたことがよかった。U-24の渡辺は相手がアルゼンチンという強豪で、彼はいい経験を積んだと思う。前の招集2回はケガで参加できなかったので、こういう形で経験を積めてよかった。A代表の松原は初めてピッチに立って代表のユニフォームを着てプレーした。いい経験ができたと彼から聞いているし、よくやってくれたと思う。畠中に関しては、プレー時間は短かったが代表に関わっているのは大事なことだし、チームとしても誇らしい」

 

 

 

――ハッチンソンコーチが欧州を出発したという情報がある。コーチ二人とレオ・セアラが合流する目処は?

 

ヨコエク

(残り 1714文字/全文: 2522文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ