【サッカー人気2位】大連戦のスタート ローテーション起用の…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

負傷離脱していた背番号10が超人的な回復力で全体練習に合流。早ければ仙台戦で復帰の可能性も

 

マリノスは8日、横浜市内で練習を行い、その様子をメディアに公開した。

6日のセレッソ大阪戦に先発出場したフィールドプレーヤー(仲川輝人を除く)と殊勲の決勝ゴールを挙げたオナイウ阿道はリカバリー中心のメニューをこなした。ランニングや体幹トレーニング中には笑みがこぼれるなど雰囲気は上々だ。

 

 

それ以外の選手たちはショーン・オントンコーチや大島秀夫アシスタントコーチの音頭で通常トレーニングを実施。ボール回しやパス練習、ハーフコートでのゲーム形式などを精力的にこなし、11日のベガルタ仙台に向けて調整した。

この日の練習では、負傷が発表されていたティーラトンやマルコス・ジュニオールも元気にフルメニューを消化した。

 

ヨコエク

(残り 319文字/全文: 644文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ