【サッカー人気4位】【J2箱推し宣言!】元悦放談:魔境J2…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

完全合流したマルコスはひとまずスーパーサブ起用か。天野の2試合連続先発に期待がかかる [J9節 仙台戦プレビュー]

 

ここは天野純の継続起用に期待し、本稿の予想としたい

8日のトレーニングから完全合流したマルコス・ジュニオールの起用法をどうするか。練習後に本人が「完治に向けて頑張っている」と話したことからも、患部の痛みが完全に消えたわけではないのだろう。ただ練習での軽快な動きを見た限り、出場に大きな支障があるようには思えない。

 

 

アンジェ・ポステコグルー監督は今回のマルコスと似ている状況でも、核となる選手ならばしばしば先発起用してきた歴史がある。先発が約束されている絶対的な選手はいないが、相対的に序列が高い選手は当然いる。どのチームでも、どの監督でも当たり前の話だ。

マルコスはチームと指揮官にとって大切な選手だろう。だから先発起用の可能性も否定できないが、その一方でポステコグルー監督はセレッソ大阪戦でのパフォーマンスに「すごくいいチャレンジができた」とまずまず納得していた。あれから中4日あれば少なくともコンディションの不安はない。

ここは天野純の継続起用に期待し、本稿の予想としたい。

 

 

セレッソ戦ではハーフスペースに流れながら近くの選手と良い距離を保ち、コンビネーションでの崩しを試みていた。また、リスクの少ないタッチライン際では積極的なドリブル突破を試みるなど、状況やエリアによってプレーを使い分けることができていた。

 

 

開幕後は負傷離脱した時期もあり、ここまで無得点。そろそろ目に見える結果を出さなければ、完全復帰したマルコスにあっさり席を譲ることになるだろう。マルコス以外にも渡辺皓太という選択肢があり、そうさせないためには強いインパクトを残す必要がある。

 

ヨコエク

(残り 904文字/全文: 1623文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ