【サッカー人気2位】首位相手の悔しい逆転負け。勇戦の先に見…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「守備面は失点ゼロで抑えれば絶対に負けないし勝ち点は取れるけど、自分たちのサッカーは守って勝つことではないので攻撃の部分にフォーカスしないといけない」(畠中槙之輔) 他 [仙台戦後コメント]

 

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「難しい試合になってしまった。ピッチ(コンディション)も含めてコントロールが難しくなり、相手が守備的で堅くプレーしてきた。その中で少なからずチャンスを作り、選手たちはハードワークしたが、残念な試合になってしまった」

 

 

 

――フィニッシュの精度以外に改善点は?

「とにかく難しい試合だが、引いた相手をこじ開けるのは難しい。まずゴールを奪うことにとって相手は守備的にできずオープンな展開になるが、そのスペースを作れず難しい試合だった。それ以上に判断の部分で、シュートを打つのか、パスを出すのか、それと精度の部分でもシュートが枠をとらえればGKが弾いて何かが起きるかもしれない。でも選手たちはハードワークしてくれた」

 

――最近6試合で2失点しかしていなくて無失点の試合は4試合。今後、攻撃とのバランスをどのように取っていく?

「守備の部分はしっかりできていると思っている。今日の試合でも1回くらいしか相手に決定機はなかった。あとはボールを持っている時の質をどのように上げていくか。ピッチコンディションの部分もあって自分たちのサッカーができなかったが、このまま集中して続けていきたい」

 

――前線のメンバーのクオリティに満足しているのか?

「自分たちのように外から見ていると『あそこにシュートを打てばいいのに、あそこにパスを出せば』と思うが、ピッチにいるとなかなか難しい部分もある。それでも自分たちがやってきたアプローチは間違っていない。シーズンが始まって内容が悪かったのは開幕戦の川崎戦だけで、それ以外はルヴァンカップ含めて悪くないし、上がってきている」

 

 

DF 4 畠中 槙之輔

――最近6試合で2失点、クリーンシートも4試合があるが、一方でなかなか得点できていない。攻守のバランスや課題については?

 

「守備面は失点ゼロで抑えれば絶対に負けないし勝ち点は取れるけど、自分たちのサッカーは守って勝つことではないので攻撃の部分にフォーカスしないといけない。調子が悪いわけではないけど、ちょっとしたズレから点を取れていないので修正していきたい」

 

 

――攻撃の始まりとなるビルドアップについては?

 

ヨコエク

(残り 988文字/全文: 1928文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ