【サッカー人気2位】首位相手の悔しい逆転負け。勇戦の先に見…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(スピロスフィジカルコーチについて)すごくポジティブな印象を与えてくれる。チームが強くなるために確実にサポートしてくれると思う」(扇原貴宏)

 

[コメント]

MF 6 扇原 貴宏

――最近のリーグ戦4試合で3得点とあまり点を取れていない。その現状をどのように考えている?

「点を取れていないのは個人の問題もあるけど、試合の中で柔軟性を持って戦うことが大事。チームの形はあるけど、個人個人のアイディアが大切になってくると感じている。相手を動かすポジショニングも必要。あとは一人ひとりの距離感や、もう少し縦パスを入れることで相手のバイタルエリアに人数をかけて、ボールも入れていければと個人的には思っている」

 

 

 

――柔軟戦をどのように出していく?

「そこは個人のアイディアが大事だし、どこにスペースがあるかをそれぞれが判断しないといけない。ボールの動かし方ももっと積極的にアグレッシブにやっていく必要がある。ただなんとなくボールを出すのではなく、もう少し相手が嫌がるところに出せば、自分たちが得意な形を出せる。そうなればサイドも生きてくるので、自分たちでそういうスペースを作り出すことが大事になる」

 

――最近3試合の相手と札幌は性質が違うと思う。札幌戦ではマリノスは良さを出しやすくなるのでは?

「今までと違った相手になるけど、去年は札幌ドームで勝てなかった。もっとアグレッシブにプレーできたらいいし、得点を奪えるようにやっていきたい。後ろで回すことよりも相手陣内でボールを持って、いかに相手陣内でサッカーをするか。もう少しボールサイドに人数をかけてもいいと思うし、崩せるところはしっかり崩していきたい」

 

 

 

――スピロスフィジカルコーチが合流している。彼の印象や練習の変化は?

 

 

ヨコエク

(残り 412文字/全文: 1122文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ