【サッカー人気1位】降格圏でも悲観する必要ナシ。3-4-2…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「最近の試合で点を取れていなかったのは相手が引いていたこともあったけど、今日はお互いにオープンな展開だった。 そこで攻撃陣の差が出たのかなと思う」(前田大然)他 [札幌戦後コメント]

 

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「本当にいいゲームができたと思うし、内容も素晴らしかった。チャンスをなかなか決められず、カウンターが怖いチームということはわかっていたがCKから失点してしまい難しい状況になった。でも、その後の選手のリアクションが素晴らしかった。最後の最後まであきらめず、チャンスをモノにした。同点にして、2点目を入れても、3点目を狙った。選手たちの気持ちが見えた試合だった」

 

 

――交代出場した天野選手と水沼選手が素晴らしいアシストを決めた。彼らの活躍への評価は?

「いま名前が挙がった二人も素晴らしいプレーを見せたが、スタートした11人だけでプレーするのではないと常日頃から言っている。交代出場の選手もチーム一丸となってやっていくと伝えていて、それをピッチ上で表現できた。渡辺やティーラトンも入ったことでチームの力となり、最後の最後まであきらめず、戦う姿勢を見せてくれたと思う」

 

 

――前半は相手がマンツーマンで守備をしてきた。それに対するビルドアップの評価は?

「素晴らしいプレーを前半からやってくれた。相手は予測していた通りプレスにきたが、そのプレスをはがしてチャンスを作った。相手GKの素晴らしいセーブもあってバーに2回当たったが、相手は90分間プレスをかけることは難しいと思っていた。最後の最後では自分たちの運動量が多く、相手は足が止まった」

 

――湘南戦、セレッソ大阪戦、そして今日の札幌戦と途中出場の選手がゴールやアシストに絡んでいる。最近のこの流れをどのように考えている?

「彼らだけでなくスタートのメンバーがあれだけの内容にしてくれたからこそ交代のメンバーもインパクトを残せる。スタートの11人がいなければ成り立たないことだった。攻撃も守備も全員でやる。それはスタートの選手だけでなく交代選手も含めてやる。もちろん交代選手がインパクトを残したが、その過程にスタートのメンバーがどれだけやってくれたかがある」

 

 

FW 45 オナイウ 阿道

――得点シーンは天野選手のパスが素晴らしかったが、オナイウ選手も難しかったと思う。振り返ってほしい

 

 

「純くんがあそこでボールを引き出したところで、相手が奪いに行ったけど純くんがプレッシャーを剥がしてくれた。あそこで純くんが前を向いた時はゴールチャンスとイコールくらいの価値がある。相手の間に入ることは一瞬で判断できて、あとは純くんがどうやってボールを入れるのか見ていた。純くんの技術はとても高いけど、慌てず合わせることができた。チームとして難しい試合をしていたけど、アウェイでこうやって勝ちにつながるゴールを決められてよかった」

 

――最近4試合は複数得点がなかった。オナイウ選手のゴールがきっかけに複数得点になったが、プレッシャーを感じていた?

「勝つためには前線の得点が必要だし、そこは僕たちが責任を持たないといけない。プレッシャーを感じ過ぎてもいけないので、そこは練習からやれることはしっかりやってきた。意識付けは監督からも言われているし、ゴールだけでなくゴールにつながるプレーの部分も修正できた」

 

 

――今日のゲームが持つ価値は?

 

ヨコエク

(残り 1288文字/全文: 2629文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ