J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

梶川裕嗣がいなければ勝ち点1獲得は難しかった。文句なしにこの試合のマン・オブ・ザ・マッチだ [L杯GS3節 清水戦レビュー]

 

主導権を握ってゲームを進めるも勝ち点3に惜しくも届かず

 

「しっかりゲームコントロールできていたし、ほとんど相手陣地でボールキープし、前からのプレスもできていた」

 アンジェ・ポステコグルー監督は納得の表情で試合を振り返った。

 

 

その言葉通り、立ち上がりから主導権を握ったのはマリノス。直近のリーグ戦から先発を9人入れ替えてもチームとして方向性にブレや迷いは一切なし。攻守両面でアグレッシブに動き、鋭い出足で先手を奪った。

 

 

攻撃をリードしたのはトップ下の天野純だ。積極果敢なドリブル突破、相手の意表を突くパス打開、そして貪欲にゴールを狙うシュート。すべてのプレーに強い意志を感じさせた。

 

 

「今季初めて出場する選手が多い中で、チームとしていいパフォーマンスを見せてくれた」

 試合後の会見でポステコグルー監督が繰り返し発した言葉だ。

ここまでリーグ戦、カップ戦通じて公式戦で出番のなかった實藤友紀と梶川裕嗣が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。

 

 

ヨコエク

(残り 1004文字/全文: 1471文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ