【サッカー人気2位】ユンカーのプレーから予想される起用法、…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「結果を残すために自分の中でいろいろ壁にぶつかっていた。このゴールはこれからの自分のプレーにいい意味で響いてくると思う」(樺山諒乃介)他 [仙台戦後コメント]

 

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「いいスタートを切れて、本当にいいゲームができた。しっかりハードワークしたし、選手たちは最後の最後まで力を抜かずに戦い、いい試合ができた」

 

――後半立ち上がりの2得点が大きかったと思う。畳みかけるような勢いがあったが、後半どのように送り出した?

「後半に向けて伝えたのは、すべてのチャンスを無駄にせずモノにしようということ。それから自分たちのサッカーをやって、ホームだろうがアウェイだろうが相手がどこだろうが自分たちの攻撃的なサッカーを続けることが大事だと伝えた。90分通して全員がいいコンディションだと確認できたし、自分たちのサッカーをやり続けてゴールを量産することを目指している」

 

 

――前半に得点を決めた樺山選手が前半だけで交代した理由は?

「フィットネスの部分で45分が限界かなと見ていた。公式戦で初ゴールを決めたが、彼はフィットネスを上げていかないといけない。もっとできる選手なので、もっとコンディションを上げてマリノスのサッカーを90分できるように鍛えていってほしい」

 

 

FW 35 樺山 諒乃介

――素晴らしいゴールだった。そのシーンを振り返ってほしい

「デビューしたけど最近はなかなかチャンスをもらえず、決定力と質が課題だと思って練習していた。それをゴールという結果で残せてよかった」

 

 

――交代はケガではない?

「自分の実力的に出られなかっただけだと思う」

 

――得点したが改善点があった?

「交代の理由は直接伝えられていないけど、自分としては点を取ったことはよかったけど、ほかは満足していない。そこが理由で交代したと思っている」

 

 

――このゴールが今後の自信になっていく?

「結果を残すために自分の中でいろいろ壁にぶつかっていた。このゴールはこれからの自分のプレーにいい意味で響いてくると思う」

 

――最近は試合に出られない悔しさもあったと思うが、その中でチームは負けなしが続いていて攻撃陣が結果を残していた。先輩たちの活躍をどのように見ていた?

 

ヨコエク

(残り 1401文字/全文: 2263文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ