【サッカー人気1位】降格圏でも悲観する必要ナシ。3-4-2…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

調子が良ければ当然のことながら練習グラウンドの雰囲気も良い。優勝した2019シーズン中にどことなく似ているゴールデンウィークの練習風景

 

FC東京に3-0で快勝した2日後、マリノスは横浜市内でトレーニングを行い、その様子をメディアに公開した。

 

 

チームは現在10試合負けなし、さらに3連勝と好調をキープしている。順位も気がつけば4位まで上がり、上位3チームよりも消化試合が2試合少ないことを考えると現在地の価値はとても高い。

ルヴァンカップもここまで3勝1分でグループDの首位を快走中で、5日のサンフレッチェ広島戦はグループステージ突破をかけた大事な一戦になる。アンジェ・ポステコグルー監督は現在のチームについて「今のところ全員がいい状態でフィットしている。ルヴァンカップでいい結果を残し、Jリーグでもいいパフォーマンスができている。どちらの大会で起用するかではなく、全員がいい準備をしている」と手ごたえを感じていた。

 

 

昨季ほどではないにせよ、今年も連戦を戦いながら結果を残していく必要がある。その状況下においてチーム状態の良さはモチベーションにもつながる。先週のベガルタ仙台戦で今季初得点を含む2ゴールを挙げた水沼宏太は「連戦だからといったマイナスにとらえることはひとつもない。どんどん試合をやりたいという気持ちが僕自身にある」と目を輝かせた。

 

 

 

ヨコエク

(残り 311文字/全文: 859文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ