【サッカー人気3位】天皇杯2回戦ザスパクサツ群馬戦 「チー…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

序盤戦のMVP前田大然が代表活動で不在。復活を期す仲川輝人に見せ場がやってきた [ルヴァン杯プレーオフ第1戦 札幌戦プレビュー]

再び日の丸をつけてプレーするためにも、高い次元でのパフォーマンスを求めたい

 

ルヴァンカップのプレーオフステージで北海道コンサドーレ札幌と対戦する。代表ウィークのためリーグ戦が中断しているため、チームとしてはここに全力投球。後先考えずベストメンバーで臨むのは間違いない。

4チーム総当たりだったグループステージとは様相が大きく異なり、ホーム&アウェイで次のステージに進むチームを決める戦いだ。限りなくトーナメントに近い試合方式で、必然的に1点の重みが増していく。1得点の価値が高まると同時に、1失点が後に大きく響く。

守備の要としてピッチに立つ畠中槙之輔に期待したい。

今季ここまでルヴァンカップに1分たりとも出場していない。主にミッドウィークに開催されていたカップ戦は畠中にとって休養日で、伊藤槙人や實藤友紀に持ち場を託してきた。

 

 

用意された舞台は仲間たちが作ったもの。それを理解している畠中は「チームの総合力が大事だし、チームによってはリーグ戦とメンバーを分けることもある。そこでしっかり勝って勝ち上がっていることは自分たちにとって自信になる」と話し、強い決意とともにバトンを受け取る。

主将や副主将ではないため、キャプテンマークを巻くことはない。だがチームの中心選手としての立ち居振る舞い、責任感、勝利への意志を求められている。背番号4を背負うのだからチームを引っ張る役割を課せられて当然だ。

 

 

これまで一進一退を繰り返してきた感もあるが、柏レイソル戦以降の2試合は志の高いプレーを見せている。守るだけでは足りず、攻撃への関与は期待ではなく計算されている。

「チームが勝つことを大前提に自分が何をすべきか。その上でしっかりと自分の持ち味を出していきたい」

 

ヨコエク

(残り 916文字/全文: 1667文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ