【サッカー人気3位】天皇杯2回戦ザスパクサツ群馬戦 「チー…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「1本目のクロスバーに当たったシュートからフィーリングはよかった。あの角度はいつも狙っているコースだし、風に乗ってくれてラッキーだった」(仲川輝人)他 [札幌戦後コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「難しい試合だったのは間違いない。特に前半は風の影響もあってなかなか自分たちがリズムをつかめなかった。すごくチャレンジな試合になったが、後半はしっかりコントロールし、チャンスを作った中で、同点で試合を終えられた。自分たちにとって価値のある引き分けにできた」

 

――難しい試合になった要因は? 暑さやボールが走らないピッチコンディションも影響したのか?

「いろいろな理由があった中で、天候やピッチのコンディションの部分もあったと思う。自分たちがリズムをつかめなかったのは、ボールタッチ数が増えてしまったから。それでボールの動かし方に遅れが出てしまった。後半はもっとスマートにプレーし、どこにスペースがあり、どうやって持って行くかができた」

 

 

――札幌がマンツーマンディフェンスで対応してきた。それに対するマリノスの選手たちの評価は?

「ピッチを広く使おうとした中で、どこにスペースがあるかが大事だが、間違ったスペースに入ったりする判断もあった。選手同士の距離感も遠く、なかなかボールがつながらなかった。後半はやろうとしていることがしっかりできた。もちろん簡単なゲームにならないと思っていたし、相手はアグレッシブにプレーしてきたが、後半は自分たちのサッカーができたと思う」

 

――セルティックへ行くという報道があるが、それについては?

「これまでも話しているように、まだ何も決まっていない状況で、自分たちにとっては今日の試合が重要で、水曜日にも重要な試合がある。そこに向かってしっかりやっていく」

 

 

FW 23 仲川 輝人

――監督が「前半はリズムをつかめなかった」と話していた。ピッチコンディションの影響でボールが走らなかったなど、そういった問題もあった?

「グラウンドの影響も少しあるかもしれないけど、スペースに誰が入っていくかみんな悩んでいる部分があった。相手はマンツーマンで守備をしてきて、そこで奪われて相手ボールになって、リズムを作れなかった」

 

 

――後半に向けて修正した点は?

「空いているスペースにタイミングよく入っていくことをミーティングで話されたし、それで少しずつリズムが出来てきたと思う。相手はマンツーマンなので、そこで運動量的にも自分たちをサッカーができたと思う。札幌さんとはここ数年、球際で勝ったチームが勝利を取るという展開が多い。中盤の攻防が肝になってくるし、後半は相手に負けじとマイボールにできていた」

 

――試合終了時点だが、ルヴァンカップの得点ランキングトップに立った。それとゴールシーンを振り返ってほしい

 

ヨコエク

(残り 833文字/全文: 1957文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ