【サッカー人気3位】天皇杯2回戦ザスパクサツ群馬戦 「チー…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

天皇杯という新たなステージでも力を見せつける 。トリコロールの前線には新進気鋭のルーキーがいる [練習レポート]

 

練習から鬼気迫る表情で、アグレッシブにドリブルを仕掛け、果敢にゴールを狙う。醸し出す雰囲気と迫力は、ルーキーには思えない。その主は樺山諒乃介である。

 

 

ここまでルヴァンカップで3ゴールを挙げている。リーグ開幕戦は前半のみで交代を命じられ、プロの世界の厳しさを思い知った。そこから見事なリバウンドメンタリティを発揮し、ゴールという目に見える結果を残している。ここまで過ごした濃度の高い時間について「プロという舞台でもビビることなく自分の良さを出そうと思っているので、いい意味で自信を持ってプレーできている」と胸を張る。

その一方で「ほかのルーキーや同期の選手に比べると出場時間が多いからいいかもしれないけど、自分はもっと試合に出場したいと思っている」と満足感は一切ない。もっと試合に出場し、もっとゴールに絡みたい。飽くなき向上心こそ樺山が持つ最大の魅力だ。

 

 

ルヴァンカッププレーオフステージ第1戦の札幌戦から中2日で臨む天皇杯2回戦は大幅なメンバーチェンジが濃厚。その試合で出場機会が訪れなかった樺山もスタメン濃厚になっている。

 

ヨコエク

(残り 380文字/全文: 875文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 樺山諒乃介

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ