【サッカー人気2位】西野TDが財政難の中でも大型補強を行う…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「自分はここから離れてしまうが、常にこのクラブとつながっていくし、アドバイスもしたいと思う」[ポステコグルー監督退任会見]

 

 マリノスを離れてセルティックの監督就任が決まったアンジェ・ポステコグルー監督が退任会見を行った。

 決して多くを語らなかった指揮官は、最後まで本音を明かそうとはせず、変わらぬスタンスでの対応だった。

「これが自分だ。自分でしかない」

 ボスが送ったラストメッセージとは――

 

 

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「これまで楽しい思い出しかない。自分はビジョンを持って、このチームを作り上げていくかという思いでやってきた。そして3年半という長い年月だったが、しっかり成功をもたらし、見て楽しいサッカーを作り上げてきた。ここで去ってしまうのは悲しくもあり、寂しい気持ちもいっぱいだ。だが自分がここで培ったものを生かし、そしてこれからもクラブが発展していく部分を見ていくし、これからもマリノスの一員として次のステージでやっていきたい」

 

 

――決断の経緯のところで、どういった話をしてセルティックに行くことを決めた?

「それは皆さんに伝えることではなく、重要ではないと思っている。未来のことや今後のことは誰にも分からない。とにかく自分のことではなく日本のことやこのクラブのこと、選手のことを話したい。この決断に関しては簡単ではなかった」

 

――日本サッカーやJリーグがより高いレベルに行くために必要なこと、課題は?

 

ヨコエク

(残り 1672文字/全文: 2256文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ