【サッカー人気5位】西谷優希、弟・和希に指摘された「へそを…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

これは利害の話ではない。 サッカーを志す者たちだからこそのヒューマンドラマだ。

 

アンジェ・ポステコグルー監督がマリノスを離れた。

セルティックといえば欧州が誇る名門クラブで、人気・実力ともにスコットランドのトップ・オブ・トップである。2020-2021シーズンこそ2位に終わって10連覇を逃したが、それでも欧州チャンピオンズリーグに予選2回戦から出場できる。勝ち進めば欧州のビッグクラブと対戦し、その名を世界に轟かせることができる。

 

 

ポステコグルー前監督がオファーを受けたのはそんな世界的なビッグクラブである。個人のキャリア形成だけを考えれば間違いなくステップアップで、悩む余地などない。55歳という年齢も決して若くはなく、欧州でチャレンジしたいと考えるなら、これがラストチャンスかもしれないのだから。

オファーを受けた時点で本人の意思がほぼ固まっていたのは自然で、マリノスもすぐさま後押しする体勢を整えた。相思相愛の関係だったからこそ、話がこじれることなく方向性をすぐさま一本化できた。ポステコグルーが充実した時間を過ごし、やりがいのある仕事をしていた証拠だ。

マリノスとしてはもちろん引き続き指揮を執ってもらい、再びタイトルを獲得したかった。契約で縛りつけることもできなくはなかった。しかし、それでは心の中にモヤモヤが残り、両者の間にしこりが残ってしまう。これまで国内・海外問わず移籍を志願した選手にそうしてきたように、快く送り出すことがベターな選択だった。

これは利害の話ではない。サッカーを志す者たちだからこそのヒューマンドラマだ。

 

ヨコエク

(残り 543文字/全文: 1192文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ