【サッカー人気3位】橋岡大樹が練習参加 ユンカーが紅白戦で…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「ようやくマリノスの一員になれた」(伊藤)「淳吾のシュートは誰でもできるシュートではない」(栗原)+藤本・俊輔・斎藤他 [大宮戦後コメント] -2,199文字-

【コメント】

FW 16 伊藤 翔

「ゴールはいつもFWに求められていることだし、その責任を持ってプレーし ている。ようやくマリノスの一員になれた気がする。ただ、そのほかにもチャンスがあったし、全部決められるようにしたい。ゴールの前にあったヘディングを ねじ込みたかった。何より、どんな形でも勝ったということがチームにとって良い栄養剤になったと思う。2列目の選手がいい距離感にいてくれればパスを出し やすい。単純にみんなうまいから自分はやりやすい」


樋口 靖洋 監督

「いいスタートを切れてホッとしている。ゲームはウチが公式戦3試合目で広島戦、全北現代戦といいゲームができなかった。これをきっかけにしようという強い気持ちで臨んだ。原点に戻ろうと。アグレッシブにボールを奪うというのは去年まで積み上げてきたもの。さらに積み上げないと昨年以上の成績は収められない。新戦力はそれぞれ持ち味を出してくれた。藤本はラインの間でボールを受けて、ゴール前ラスト3分の1のところでアクセントになってくれた。その結果のゴールだと思う。伊藤翔は常に動き出すことで相手のラインをチグハグにしてくれた。二人ともスーパーゴールだった。ようやくスタートが切れたと思っている」

 

下バナー

 

MF 10 中村 俊輔

「新加入選手がゴールを決めてくれて、こうして勝てたことでこれまでの負けを整理できる。大宮は第1戦ということで戦い方を整理できていなかった部分があったと思う。特に試合序盤はそうだったので、そういうタイミングで点を取れて良かった。(藤本)淳吾が難しいシュートを決めた。開幕戦はいつも難しい。勝ったからこそ、前向きに反省できる。典型的にやられた場面はない。あと過密日程の中で勝てたのは大きい。これくらいやって初めて勝てるというのをみんなが体感できた。あとはオグ(小椋)やヒョウ(兵藤)や(端戸)仁や(佐藤)優平といったレベルの選手がサブにいるわけだから、いい競争をしながらやっていきたい」

 

DF 4 栗原 勇蔵

「結果を出せたのが一番良かった。この前の全北現代のプレッシャーが残像としてある。今日は雨だったけどサポーターがたくさん来てくれたし、試合前にも言ったように去年と同じようにホーム負けなしのゲンを担いでいきたい。今日は前線の選手がよく走ってプレスをかけていたし、そうなれば後ろとしては狙いを絞りやすい。(藤本)淳吾のシュートは誰でもできるシュートではない。(伊藤)翔は(渡邉)千真っぽいところがあるよね」

MF 11 齋藤 学

「自分のいい形がやっと出せた。広島戦、ACLとなかなか持ち味を出せなかったけど、今日はホームで雰囲気も良くて、そういう試合で勝ててよかった。でも自分が決めきりたかったので、そこまではいけていない。相手どうこうではなくて自分たちのサッカーで勝ちたかった。内容的にも、もっともっと強くなれるチームだと思う。ここまでの2連敗の試合では一歩が出なかったり、簡単な失点をしていた。それがなかったのは良かった。もっと強いチームと対戦するときのために、ミスを減らさないと。代表では試合に出て結果を残せるようにアピールしたい」

MF 8 中町 公祐

「集中力が高かった。3連敗すると大会は違ってもチームに与える影響は大きかったと思うので、勝てて良かった。ある程度、体は動けていたので、あとはメンタル面だけだった。連戦の疲れよりも相手が開幕戦というほうが影響していたと思う。この2試合の反省を生かして、シュンさん(中村)と(藤本)淳吾くんにボールを触れせながら、なるべき前に人数をかけることを意識した。前の選手は後ろの選手の生かし方次第だと思う。韓国のチームはサイドに比重を置いていたけど、こうして真ん中のボランチに比重を置くチームとの対戦では負けない」

DF 22 中澤 佑二

「大宮がプレッシャーをかけてくると想定していたけど、全北現代は素早いプレッシャーを90分やり続ける韓国サッカーだった。そのあとの試合だったので、あまりプレッシャーに感じなかったのはあるかもしれない。負けたものから得るものがあって、前の二つの敗戦をいい意味で生かせた。少しずつ成長していかなければいけない。(藤本)淳吾はマリノスに来てからボールに触れる機会が少なかったから、今日のゴールでどうやって生きていくか分かったと思う」

GK 1 榎本 哲也

「内容よりも結果が必要だった。勝ててホッとしている。2試合とも悔しい思いをしたので、まずは気持ちで相手を上回らないといけなかった。結果がついてきて良かった。これまでプレッシャーの激しい広島や全北現代と対戦してきたので、今日くらいのプレッシャーを受けてもみんな前を向ける。そのあたりの違いはあった。(藤本の得点について)あいつが点を取ってくれて嬉しい。今日だけじゃなくて二ケタくらい取ってくれれば(笑)」

MF 25 藤本 淳吾

「いいところにボールがこぼれてきて、コースが見えた。今日は内容よりもけかが必要だったし、前向きな気持ちで臨めて良かった。今日は中盤でけっこう自分がフリーになっていた。相手のボランチはシュンさん(中村)のところに激しく来ていたけど、シュンさんはフラフラ~っとサイドに逃げたりしていた。そういうタイミングで自分が中に入っていったらフリーになれた。シュンさんが意図的に流れてきているのが分かったので、そのあたりはやっていくことで連係面を高めていけたと思う」

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ