【サッカー人気5位】西谷優希、弟・和希に指摘された「へそを…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

西のビッグクラブから届いた獲得オファー。 マイペースな性格に隠れた義理人情の厚さで残留へ [仲川輝人の残留について]

 

真夏の強い陽射しの下、仲川輝人は今後の身の振り方について考えていた。

一部報道にあったようにヴィッセル神戸から獲得オファーが届いていたのはまぎれもない事実である。古橋享梧がセルティックへ完全移籍したことで前線の陣容が手薄となり、現日本代表選手など複数人の実力者をリストアップした中に2019シーズンMVP&得点王の仲川がいたという。

 

 

仲川はマリノスとの複数年契約を残しているため移籍違約金が必要となるが、そこは神戸というクラブの土俵である。クラブ間交渉が欠かせないとはいえ、資金力に長ける西のビッグクラブにしてみれば不可能な高さのハードルではなく、年俸などの条件面は間違いなく今以上を提示できる。

ただ実際には、クラブ間でそういった具体的なやり取りには発展しなかったという。その手前に仲川自身の考えと決断があったからにほかならない。

 

 

 

ヨコエク

(残り 838文字/全文: 1241文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 仲川輝人

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ