【サッカー人気5位】【山雅探報】[元悦対談]北九州戦の勝利…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「満足という言葉は使いたくないし、満足していない。自分はいつも向上したいし、成長したい人間。もっともっと成長できる」(チアゴ・マルチンス)他 [宮崎キャンプコメント]

 

[コメント]

DF 13 チアゴ マルチンス

――このキャンプでは何を重視して取り組んでいる?

「キャンプではチームの一体感が生まれるし、連係を高め合う時間にもなる。この中断期間の宮崎キャンプをうまく使い、横浜に戻ってからも試合に向けていい準備ができるように、暑い中でもみんなで頑張っている」

 

 

――コーチ陣と積極的にコミュニケーションを取っているように見える。どんな話をしている?

「チームをより良くするため、成長させるためにコミュニケーションを取っている。ちょっとしたところを直すことや、もっといい方向に進めるような微調整をしている。より強いチームを作るためにコミュニケーションを取っている」

 

 

――現在のコンディションと後半戦への意気込みを聞かせてほしい。

「シーズン初めから今年はケガをしないように予防を積極的に取り入れている。まずはケガをしないでチームに貢献することが大事だし、上半期は全試合に出場できた。下半期も全試合に出場してチームの力になりたい。ケガなくチームのために貢献していきたい」

 

――今シーズンここまでのパフォーマンスに満足している?

「満足という言葉は使いたくないし、満足していない。自分はいつも向上したいし、成長したい人間。もっともっと成長できると思うので、仲間の力になれるように成長していきたい」

 

 

――チーム作りにおいてストライカーは重要だと思う。オナイウ選手が抜け、杉本選手が加入した。どのように感じている?

「たしかに点取り屋は大切なピース。(オナイウ)阿道が抜けたのはすごく痛いけど、阿道にとってはいいチャレンジなので心から応援している。(杉本)健勇選手を我々全員でサポートしていって、早くチームのサッカーに順応してもらいたい。FWが点を決めるとチームの調子は良くなる。あとはレオとポジティブな競争をしてほしいし、今後が楽しみだ」

 

 

DF 5 ティーラトン

――宮崎の気候はとても暑い。現在のコンディションは?

「宮崎も暑いし、横浜も暑い(笑)。今は炎天下の練習でとても大変だけど、チーム全員でキャンプに来ているので、個人だけでなくチームとしてのコンディションも上げていける。新加入選手もいるので、彼らにとってはマリノスのサッカーを知るためのいい機会になると思う」

 

 

――練習試合で縦関係を組んだ宮市選手との連係は深まった?

 

 

ヨコエク

(残り 673文字/全文: 1713文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: チアゴ・マルチンス ティーラトン

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ