【サッカー人気5位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

(就任の経緯は?)「チャレンジできる場所だなと思った。決め手となったのはマリノスが築き上げてきた哲学やプロジェクトに自分が合うと思ったから」 (ケヴィン・マスカット新監督)

 

マリノスの監督に就任したケヴィン・マスカット監督が来日後初めてオンライン取材に応じた。

約30分間の間に何度も笑みを浮かべ、就任の経緯について「決め手となったのはマリノスが築き上げてきた哲学やプロジェクトに自分が合うと思ったから」と話した。さらに「自分が持っている情熱とマリノスが今までやってきたことが合致し、手を組んでこのチームに落とし込んでいきたい」と意気込みを語った。

 

©Y.F.M

 

今日5日からチームに合流。試合前日の練習で初めて指揮を執り、明日はさっそく公式戦となる。準備時間が足りない点については「チーム全体を見る部分はまだまだ足りないと思っている。1日でも早く全体を理解してやっていきたい」と話したが、一方で「今日までにリモートで練習や試合を映像で確認できている。スタッフとともに話し合いもしてきた。初めてチームを目の前にしてみんなと会ったが、初めてという気持ちではなくやっている」と自信ものぞかせた。

注目の初陣は明日のガンバ大阪戦だ。アタッキングフットボールの進化形に期待がかかる。

 

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「自分がこのマリノスというチームに来られたこと、この国に来られたことをうれしく思うし、楽しみにしている」

 

――ガンバ大阪戦直前の合流になった。今の率直な心境は?

「今日まで6週間という長い間、難しい中でやってきた。シーズンの途中だが責任感を持ってここへ来た。しっかりやっていきたいし、今はこのチームに合流できたことをうれしく思う」

 

©Y.F.M

 

――クラブはアンジェ・ポステコグルーが築いてきた『アタッキングフットボール』の継続路線を示している。それに対する考え方と、どのようなエッセンスを加えていこうと考えている?

 

 

ヨコエク

(残り 1706文字/全文: 2623文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: ケヴィン・マスカット

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ