【サッカー人気4位】欧州組が占める日本代表を見て「隔世の感…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

ケチャップがドバっと飛び出した。 前田はハットトリックで得点王を視野に [J24節 大分戦レビュー]

 

 

得点王争いは前田とダミアンのマッチレースか

 

マリノスは強かった。

大量5得点の打ち上げ花火や4点差での大勝は、噛み合わせの部分も間違いなくある。大分トリニータ戦のように効率よくゴールネットを揺らせる日があれば、打てども打てども決まらない試合もある。この日に関しては、ようやくケチャップがドバっと飛び出したといったところか。

蓋を開ける役割を果たし、さらにJリーグの舞台で初めてハットトリックを達成したのが前田大然だ。

 

 

先制点は仲川輝人の折り返しに対して、相手DFの背中から飛び込んできっちり決めたマリノスらしいゴールだった。さらにトドメのチーム5点目も左サイドを単独突破したエウベルからのラストパスにしっかり反応。頭で押し込んで無人のゴールに決めた。

1点目と3点目がポジショニング次第のワンタッチゴールだったのに対して、前田の2点目は掛け値なしにファインゴールだ。水沼宏太の浮き球での縦パスに反応し、素晴らしいコントロールから間髪入れずGKの頭上を抜くループシュート。前田らしくない(失礼!)芸術的なゴールが生まれた。

リードした展開でストライカーポジションに持ち場を移したことで、相手の背後を突くスピードと狙いが際立った。「トラップして、GKを見たというか感覚で、ああいう感じならループシュートかなという感覚」が冴え渡る。

 

 

そしてウイングでもセンターFWでも前田は前田で変わらない。圧倒的なスプリント能力で攻守に絶大な存在感を放っている。

 

 

ヨコエク

(残り 1096文字/全文: 1764文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ