【サッカー人気4位】欧州組が占める日本代表を見て「隔世の感…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「得点を取れるという自信はめちゃくちゃある(笑)。今はやっていて楽しいし、チームの雰囲気が上がっていけば流れも良くなっていく」(仲川輝人) [仙台戦前コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

――連戦を終えて、次の仙台戦に向けてどのようなフィードバックを行った?

「仙台戦はホームだけど、簡単な相手ではない。自分たちがやらなければいけないのはリカバリーだ。10日間で4試合というスケジュールをこなしたので、次の試合に向けてしっかり準備することが大切になる」

 

 

――前田選手が大分戦でハットトリックした。そのうち2点はセンターFWに移ってからだったが、彼をその位置で起用するイメージはある?

「彼が五輪でいなかった時もほかの選手がその位置でプレーして機能していた。大然は前でも右でも左でもプレーできるひとり。個人能力としてほかの選手と違うものを持っている。FWも右サイドも左サイドも層が厚いので、誰が出場してもいいように競争できているのはいいこと」

 

 

――合流してから4試合の指揮を執った。過去にACLなどで日本のクラブと対戦してきたと思うが、Jリーグや日本人選手の成長をどのように感じている?

「自分がもう一度日本に来て実際に指揮を執って、とにかく技術に優れた選手が多い印象を受ける。いろいろなシステムや戦術で戦ってくるチームが多く、簡単ではない。レベルの高さを感じるし、強度と質の高いサッカーを見られている印象がある」

 

――4連戦では喜田選手を3試合連続で起用し、反対にサイドバックはあまりターンオーバーを行わなかった。起用法で意識している部分は?

「ひとつの答えがあるわけではなく、自分たちのチームには層が厚いポジションもあるし、誰が出場してもいい状態にしたい。フィジカルコンディションにもよるし、相手チームによっても変わってくる。一番大事にしているのはチームにとって何がベストか。それを考えて判断して、次の試合に向けてやっていきたい。そういった意味で答えはひとつではない」

 

 

――大分戦で扇原選手が素晴らしいプレーを見せていた。彼の評価は?

 

ヨコエク

(残り 2282文字/全文: 3119文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ