【サッカー人気1位】今季ラスト10試合が始まる 勝利の流れ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「毎日サッカーができているだけで幸せ」(宮市亮)。 いや、試合への飢えや結果への欲求も期待したい

 

背番号17が静かに牙を研いでいる。今のところ公式戦で輝きを放つことはできていない。それでも誤解を恐れず言おう。

宮市亮の歩みは“順調”だ。

 

 

7月にマリノスへ加入。ここまでリーグ戦に出場したのは9月18日に行われた名古屋グランパス戦の1試合のみ。しかも途中出場でチームは敗れ、自身も大きなインパクトは残せなかった。

8月上旬に負傷して約1ヵ月の戦線離脱を余儀なくされた影響もあった。マリノスのサッカーの強度に体を慣れさせるための時間を失い、スタートラインに逆戻りになってしまった痛手は想像に難くない。

負傷はすっかり完治した。最近の練習ではポテンシャルの高さを随所に見せている。一瞬のスピードとキレ、そしてシュートを打った際のインパクト。高校卒業を待たずしてアーセナルに加入した実績は伊達ではない。

 

 

冒頭で順調という表現を使ったのは、宮市自身が充実の表情を浮かべていることが大きな理由だ。マリノスでの居心地を聞くと、間髪入れずにこんな答えが返ってきた。

 

ヨコエク

(残り 613文字/全文: 1069文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 宮市亮

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ