【サッカー人気5位】【ドイツ便り】サンフレッチェ広島新監督…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「もし出場したら絶対に勝つこと。それとこの前の試合で自分ができなかったゲームを読むところという反省を生かしてプレーしなければいけない」(渡辺皓太)他 [練習コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

――セレッソ大阪の印象や注意点は?

「セレッソだけでなくどのチームも簡単ではない。8月に一度大阪という地に行っているし、恐れることなく大阪に行こうと思っている。もちろんセレッソをリスペクトして戦いたい」

 

――札幌戦で杉本選手がゴールしたが、一方でレオ選手が5試合ほどゴールから遠ざかっている。彼らの状態や今後の起用法は?

「レオの調子もいいし、杉本に関してはシーズン途中に加入したが自分たちがやろうとしていることをしっかり理解できている。FWはいいライバル意識を持ってできていると思うので、どのポジションで誰が出場するのがベストなのか、しっかり見ていきたい」

 

 

 

――セレッソ戦ではマルコス選手が出場停止で、天野選手は札幌戦で負傷していた。渡辺選手はいるが、中盤の構成をどのように考えている?

「マルコスは累積警告なので出場停止で、天野も次の試合は難しそうだ。いつも違うポジションでやっている選手が入る可能性もある。例えば前田が真ん中に入り、杉本が少し下がったポジションでプレーすることもできるし、もちろん渡辺皓太もできる選手。キャラクターとしての違いはあるが、また違った形での面白さが出てくる。いろいろ考えながら最終的に決めていきたい」

 

 

――札幌戦では右サイドの縦関係を仲川選手と松原選手にした。どのような意図があったのか?

「たしかにコンビネーションの部分は大事にしている。最終ライン同士やサイドバックとウインガーの関係性などだ。でもケガ人や累積警告も含めて、どのような選手で臨むのがいいのか。その試合で一番良い状態の選手を起用していきたい。人選含めてどのように戦っていくか考えていきたい」

 

――優勝争いに向けて落とせない試合が続いているが、前田選手が3試合連続得点でチームを救っている。彼の存在や成長をどのように感じている?

 

ヨコエク

(残り 1403文字/全文: 2229文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ