【サッカー人気3位】【地域CL】東京での「紫対決」は新宿が…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「このメンバーで戦えるのは残り4試合しかない。誰もが来年どうなるか分からないのがサッカー選手。今シーズン最後になるかもしれないという覚悟で戦って準備した結果の2得点」(小池) 他 [FC東京戦後コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「最高の試合ができた。ゴール数や勝利もそうだが、とくかく選手たちが戦う姿勢やピッチ上での表現で素晴らしいものを見せてくれた。たくさんのファン・サポーターの方々が足を運んでくださり、このような内容のサッカーを見せることができてうれしく思う」

 

――前田選手をトップの位置で使ったのはどのようなアイディアだった?

「自分はいつもベストのコンビネーションを求めている。今回、前田をあの位置に置いたのは中央からの突破も期待できるし、周りへのサポートもできる。彼も含めてチーム全体が良いメンタルを表現してくれた」

 

 

――中2日で難しい調整だったと思う。選手たちが示した自信とプライドは今季ベストだったと思うが、その要因は?

「この何週間かは90分を通してマリノスのサッカーを続けることが難しかった。今日の試合でのシュート数と最近数試合は変わらなかったかもしれない。その中でもメンタルを強く持ち、ボールの動かし方や人の動き方、テンポの部分でたくさんのチャンスを作り、自分たちが表現したかったサッカーを見せて結果がついてきた。エンターテインメントなワクワクするサッカーを見せることができたと思うし、それをうれしく思う」

 

――前田選手のセンターFWとしての可能性をどのように感じている? そして彼のベストポジションをどのように考えている?

「ベストのプレーを見せてくれた。裏への抜け出しや中央への突破ができるので、それでFC東京を苦しめられると思った。でも彼だけの力ではなく、仲間がいたからあれだけのプレーができたと思う。2つ目は難しい質問だが、自分は前でマルチなプレーができる選手だと思う。1トップもできるし、右に置いても、左に置いてもプレーできる。最後に、今日の彼の素晴らしいパフォーマンスが欧州で放送されないことを祈っている(笑)」

 

 

 

FW 38 前田 大然

――久しぶりに中央で先発した。何を意識してプレーし、どんなところが良かった?

「相手のディフェンスラインが高めなのでどんどん裏へ抜けて行こうと思っていた。やっぱり前のほうが自分はやりやすいけど、それはチームが決めること。与えられたポジションでしっかり結果を残せて良かった」

 

 

 

――今季2度目のハットトリックで通算21得点。得点王に近づいたのでは?

 

ヨコエク

(残り 1502文字/全文: 2521文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ