【サッカー人気1位】未熟さを露呈した逆転負け。自力残留への…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

前田がコンディションに不安を抱え、杉本は出場できない。 背番号9にかかる期待は自然と高まる

 

レオ・セアラが苦しんでいる。

最後にゴールを決めたのは9月11日のサンフレッチェ広島戦。そう、強烈な弾丸FKを叩き込んで3-1で勝利した、あの試合だ。

あれから2ヵ月以上も沈黙しているが、決してコンディションが悪いわけではない。自身が無得点に終わった7試合中5試合に先発し、ゴールチャンスもあった。ただし、決めきれていないという事実も残る。

 

 

シュートチャンスを逸し、頭を抱えて、地面を叩いて悔しがるレオの姿が印象的だ。それだけひとつのプレー、ひとつのシュートに魂を込めているのだろう。まさに一球入魂という表現がぴったりだ。

メンタル面のバランスは崩れていない。

「前線の選手は得点が必要で、いつも自分に厳しく得点が必要と言い聞かせている。ただチームが勝つことが一番重要なので、そのためのプレーをすれば自然と得点が生まれると思う」

 

 

あくまでもチームのためにプレーし、その延長線上に自身のゴールがある。

 

ヨコエク

(残り 330文字/全文: 759文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: レオ・セアラ

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ