【サッカー人気2位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

全治6ヵ月の重傷を負ってしまった畠中槙之輔。グラウンドでのリハビリをスタートさせ、すでにボールメニューもこなしており、術後の経過は順調 [練習フォトレポート]

 

 

勝てば2位が確定するヴィッセル神戸戦に向け、グラウンドではこれまで通りの激しいトレーニングが繰り広げられている。

優勝の可能性が消えてしまっても、一戦必勝の姿勢は変わらない。そのためのハードワークも変わらない。それがマリノスの強さの最たる理由だろう。

そんな様子をフォトレポートでお伝えする。

 

頭髪が伸びてきたため遠い位置からでも前田大然と判別できるようになったマルコス・ジュニオール。3年連続となる2桁得点に王手をかけている。

 

前節の浦和レッズ戦では出場不可能だった杉本健勇。ヴィッセル神戸戦に向けての充電は満タンだけに、高いモチベーションをゴールで結実させたい。

 

仲川輝人が居残り練習で華麗なシュートを決め、両手を挙げて喜びを表現する。残り2試合でこんなシーンを是非見たい。

 

チアゴ・マルチンスが迫力十分にシュートを放つ。畠中槙之輔の負傷離脱後はディフェンスリーダーとしてマリノスの守備を支える。

 

8-0で大勝したFC東京戦で今季初めて公式戦のピッチに立った角田涼太朗。プロサッカー選手として新たな一歩を踏み出した。

 

前田大然はここまで21ゴールを挙げて得点ランキングトップを走る。レアンドロ・ダミアンとのマッチレースを制することができるか。

 

28歳の松原健と19歳の南拓都が激しくボールを競り合う。経験豊富な先輩に対してルーキーが臆することなく挑んでいく様子は頼もしい。

 

 

PREMIUMコースとは

(残り 640文字/全文: 1297文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ