【サッカー人気2位】【浦和を語ろう 特別編】元川悦子だから…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「来季開幕戦での復帰は、目標ではなく照準」。 畠中槙之輔の視線の先に公式戦の舞台が見えてきた

 

負傷した瞬間、嫌な予感がした。

でもこんなにも長期離脱になるとは想像できなかった。

 

 

畠中槙之輔があの日を回顧する。

「コンディションも良かったですし、予期せぬケガでした。ただ痛みがすごかったので試合続行は無理だな、と。感覚的に筋肉系のケガなのは分かりましたし、1~2週間で復帰するのは難しいことも想像できました。5~6週間くらいの離脱は覚悟していました。でも検査をしたら手術が必要で全治6ヵ月見込みと診断で。気持ちが落ち込むというよりもビックリしました」

 

 

聞けば小学校6年生の時に負傷した箇所だという。それから10年以上が経ち、次第に筋肉と骨の付け根が弱っていった。その間、違和感がまったくなかったわけではない。もっと早い段階で手術を行い、不要な骨を取り除く選択肢もあった。ただし、その場合は復帰までに約半年かかることも告げられていたため、患部とうまく付き合いながらプレーを続けてきた。

チームは喜田拓也キャプテンの発案により、9月11日のサンフレッチェ広島戦で畠中へのメッセージ入りTシャツを着てウォーミングアップを行った。

 

©Y.F.M

©Y.F.M

 

「すごくうれしかったです。その試合にしっかり勝ってくれて、元気をもらいました。過ぎたことはどうにもならない。早くサッカーをやりたい。そのためにリハビリを頑張ろうと気持ちを切り替えました」

 

 

もうひとつ。約10日間の入院中、大きな助けになったのが緒方圭介ホペイロの存在だ。2日に1回のペースで病院へ足を運び、身の回りの世話をする。選手が試合や練習で100%の力を発揮できるように普段から身を粉にして働く緒方だが、それは入院中の畠中に対してもまったく変わらなかった。

 

緒方圭介

 

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 936文字/全文: 1847文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 畠中槙之輔 緒方圭介

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ