【サッカー人気4位】熱を帯びるリカルド監督の“講義” 20…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

クラブ創設30周年記念ロゴをあしらった新ユニフォームを身にまとった仲川輝人は「歴史をひとつずつ作っていこうと思えるユニフォーム」と目を輝かせた [2022シーズン新体制発表会] (無料記事)

 

マリノスは9日、日産グローバル本社日産ホールで2022シーズンの新体制発表会を行った。

 

 

 

クラブ創設30周年記念ロゴをあしらった新ユニフォームを身にまとった仲川輝人は「歴史をひとつずつ作っていこうと思えるユニフォーム」と目を輝かせた。

 

 

注目の背番号は、渡辺皓太が6番に“昇格”。クラブからの期待の表れが見て取れた。ほかではFC町田ゼルビアからレンタルバックする吉尾海夏が天野純のつけていた背番号14に。「14番は自分にとって特別な番号。トップに上がってからは(天野)純くんの背中を見てきた。純くんの次につけさせてもらいたいという思いもあったのでお願いした」と今シーズンに懸ける意気込みを言葉にした。

 

 

新加入組では西村拓真が「FWなので結果は常に求められている。そこは一番こだわってやっていきたい。1試合1点が自分の中での目標」と言い切れば、鹿島アントラーズから獲得した永戸勝也は「左足のキックに自信を持っている。セットプレーからの得点やクロスからの得点は『しなければいけない』と思っている」と気合い十分。

 

 

リーグ奪還とアジア制覇へ向け、トリコロール号が勢いよく出航した。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ