【サッカー人気4位】西野TD会見全文レポ「酒井宏樹補強の理…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

イタリア人指揮官がW杯後に後悔するとしたら・・・ W杯メンバー23人に思うこと (藤井雅彦) -1,640文字-

 

もう一昔前の話になるが、日本サッカー協会は今月12日にブラジルW杯メンバー23人を発表した。周知のとおり、ほとんどの顔ぶれが順当で、驚きは川崎フロンターレの大久保嘉人が滑り込んだことくらい。マリノスからは齋藤学が選出された。

マリノスとしては5大会連続のW杯メンバー輩出である。これに並ぶのはおそらくジュビロ磐田だけで、誇れる事実であろう。ただ、これまで4大会連続で選手を送り込んでいたCBのポジションからの選出は途切れてしまった。昨夏の東アジア杯までコンスタントに招集されていた栗原勇蔵、それと2010年の南アフリカW杯後も日本代表入りを目指していた中澤佑二。いずれも声がかからなかったのは残念で仕方がない。

栗原については2010年のチーム立ち上げ当初から招集され、1-0で初陣を飾ったアルゼンチン戦にも先発フル出場している。2011年初めのアジア杯こそ負傷で棒に振ったが、その後は常に招集される存在、主に3番手CBとして信頼を得ていた。だが昨夏の東アジア杯で評価を落としたのか、以降は一度も声がかかっていない。

 

下バナー

(残り 1108文字/全文: 1576文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ