【サッカー人気4位】「(自身の成長を感じる部分は?)ボール…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

20代ラストのシーズンをマリノスの一員として迎えるマルコス。 慣れ親しんだヘアスタイルに別れを告げ、新たな一歩を踏み出す [宮崎キャンプレポート]

 

ひと目見ただけでは誰か判別できなくなってしまった。

キャンプ直前に美容院で両サイドを刈り上げたとはいえ、それ以外の部分の頭髪が増え、口の周りと顎にはワイルドな髭も蓄えている。坊主頭をトレードマークにしていたマルコス・ジュニオールと同一人物には思えない変貌ぶりだ。

 

 

それでも一度話し始めれば、タイトルへの思いを熱く語る背番号10は健在である。

今オフには主力としてチームを長く支え、ともに2019年の優勝を味わった仲間であるティーラトンや扇原貴宏らが新天地を求めた。前田大然や天野純といった昨季のレギュラークラスもいない。

 

 

新チームが動き出し、マルコスはいま何を思うのか。

 

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 640文字/全文: 963文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: マルコス・ジュニオール

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ